インテリアオプションとは?

このホームページをご覧になっている貴方、新築マンションの契約を終え新居への入居を待ちわびている事でしょう。
そして入居までの間に開催されるインテリアオプション販売会。
厚い冊子を貰い、とても魅力的な商品に胸を弾ませているのではないでしょうか。
しかし皆様もお気付きの事と思いますが初めて目にする商品ですが価格が高額すぎる?なんて
思われている事でしょう。
ネット検索すれば沢山の情報が溢れており業者間での中間マージンが多いので価格が高騰してる事も
既にご存じの事かもしれません。
では価格面さえクリアできればオプション会での商品購入は問題無いのでしょうか。

インテリアオプション販売会の「しくみ」

まずインテリアオプション販売の「しくみ」について解説いたしましょう。
インテリアオプション販売会の案内は通常マンション事業主の宛名で届くか、若しくは大手売主の場合には
グループ会社の会社名で届きます。(稀にオプション業者の会社名でも届きます)
何れにおいてもマンション事業主は関連しています。
これは先般でもご説明しました通り売上に応じた金銭キックバックの通り道ですので関連会社が繋がっています。
売主さんは「名前貸し」の名目でキックバックを受け取ります。(お客様が安心感を得る為です)
次には売主のグループ会社が金銭の通るルートですので手数料としてマージンを受け取ります。
これだけではありません。
肝心のオプション業者ですが、こちらは販売会開催の手数料としてマージンを受け取ります。
(主な仕事は売主グループ会社との連絡や顧客管理、実際に工事する業者の纏め代金です。)

インテリアオプション販売会の内容について

販売会では主に売主グループ会社の社員が1名(番頭)、オプション業者社員1名(主に伝票管理)、
後の販売スタッフは(良くて)各商材担当業者のスタッフかメーカーからの派遣社員(人材派遣スタッフ)です。
大手売主マンションの場合には専属のインテリアコーディネーターを派遣している場合もあります。
上記の通り専門的なスタッフは揃っておらず質疑応答では即答する事が少なく主に後日の回答になる為
多くのお客様は販売会に行って得られるものが少ないと感じられているようです。

最大のメリットである引き渡し前工事

インテリアオプション会で購入した商品の多くはお客様が鍵の引き渡しを受ける前に注文した商品の
施工は全て完了している事が最大のメリットです。
何故ならオプション会以外の外部(一般)業者で購入した商品の工事は鍵の引き渡し後から入居までの
僅かな時間で工事を行わなければなりません。
工事の立会など面倒な事があります。
しかし、この引き渡し前の工事に少し問題があります。
この引き渡し前に行う「一斉工事」とは沢山の注文商品を短時間に効率良く「一斉」に行う工事です。
効率的に行うには各工事には監理する監督はおらず職人だけで入室し職人のやりやすいように工事が進められます。
(もちろん事前の打ち合わせなどは無く伝票1枚で職人が動きます)
こう言った背景もあり単純な工事しか受けられないんです。

結論

上記のご説明の通り、お引渡し前工事を除いてオプション会で購入するメリットは非常に少ないです。
ただ一般店での購入と申しましてもネット検索だけでは中々良いお店が見つかるか不安もある事でしょう。
そこでネット検索する前に希望する商品の知識だけでも先に取り入れ賢く商品選びができるとショップ探しにも
一役買えそうです。